投資の勉強

【株式投資とは?】初心者にも分かるように簡単に解説。

今回は株式投資について一緒に勉強していきましょう。

この勉強によって

・株式の意味
・利益を得る仕組み

・株価が上昇する理由

が分かります。

老後2000万円問題などで、資産運用を検討中の方も多いのではないでしょうか?

ここ最近は、株式投資を始めているひとも増えています。

しかし、何も分からずに手を出すとお金だけが奪われてしまいますので

しっかりと基礎知識をつけて学んでいきましょう。

「株式投資」は「貯金」よりも効率的にお金を生むことが出来ます。

ですので株式投資を保有し様々なメリットを得ましょう。

株式の意味

株式とは、企業が投資家から集めた資金と引き換えに発行する証書のことです。

証書とは権利 ・ 義務 ・ 事実 等を 証明 する書類・ 文書を指します。

いわゆる株券ですね。

企業は事業を拡大するときなどに様々な理由で資金が必要となってきます。

そのために、手元の現金などで足りない分を、投資家から資金を募ることができます。

資金を出してくれた投資家に資金とは引き換えに株式(株券)を発行し渡してくれます。

そう、企業は株式を投資家に売り資金を集めることが出来ます。

株式を購入した投資家を株主といいます。

よーよー
少ししか株式持ってないのに株主って呼ばれていいのかな?
1株持ってれば十分な株主じゃよ
かとたか
よーよー
わーい!これでお金持ちだー!!
株主になってもいきなりお金持ちになんてなれんのじゃよ
かとたか
よーよー
え?そうなんですか?株主になるとどうなるの?
株主になって株主優待・配当金をもらえたりすることはあるのじゃよ
かとたか
よーよー
株主優待?配当金?
そうじゃ。その会社の自社製品・優待券をもらえるのじゃよ。
配当金とは企業が株主にお金を分配してくれるのじゃ。
かとたか
よーよー
じゃ、毎日寝て暮らせるね!!
そんな甘い世の中じゃないぞ。
年に1回か2回しかもらえんのじゃよ。
かとたか
よーよー
そ、そんなぁ...
まぁそんな気を落とすな。
ちなみに株主になれば株主総会にも参加できるぞい。
かとたか
よーよー
それは難しいそうだからいいや
・・・
かとたか

利益を得る仕組み

利益を得る仕組みは3つあります。

それは先程話していた「株主優待」、「配当金」のほかに

もうひとつ「値上がり益(キャピタルゲイン)」というのがあります。

株主優待

「株主優待」は聞いたことある人いるんではないでしょうか?

「株主優待の桐谷さん」はご存じですか?

「月曜から夜更かし」に出ていた人です。

企業が株主に自社の商品や優待券を贈ってくれるのです。

(株主優待の勉強をしていると、よく聞きます)

(クオカードなどもあるので良いですよね)

日本では3分の1の上場企業が株主優待制度を行っております。

企業により優待内容は変わりますので色々調べてみるのも面白いですよ。

例として、みんなご存知「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」を運営している会社です。

ここは例えば権利確定日に100株保有していると3月限定で「1デーパスポート」を

株主優待でもらうことができます。

株価が17,840円なので100株で「1,784,000円」必要になります。

なかなか手が出ませんよね...

他にもQUOカードなど株主優待で出している会社も色々ありますので見て見ましょう。

配当金

配当金は企業が稼いだ利益の一部を株主に還元するものです。

株式を保有していれば安定的に利益を得ることが出来ます。

年に1・2回配当金を実施してくれますので

配当金を実施している色々な企業の株主になると

毎月配当金が振り込まれるというのも夢ではありません。

だいたい2~3%の配当金ですが、配当金の高い企業では約8%近くの

配当金を実施している企業もあります。

しかし業績の悪化によって減配や無配になる可能性もありますので注意が必要です。

 

値上がり益

最後に値上がり益(キャピタルゲイン)を紹介します。

こちらは、株価が値上がりしたことによって得られる利益のことです。

自分が購入した株価よりも値上がりしている時に売れば、その差額分利益を得ることが出来ます。

例) A社の株価を1000円で購入した場合
   多くの投資家が購入し2000円になったとします。
   この時に株式を売却すれば1000円の利益を得ることができます。

   しかし500円に値下がりしていると500円の損失となってしまします。

多くの投資家がこの値上がり益を目的に投資しています。

私もその一人です。

 

株式を買いたい

よーよー
私も株式を購入したいです!
おぉ興味を持ったか。
かとたか
よーよー
うん!でも1000円しかもってないよ...
1000円あれば買える株式もあるんじゃよ
かとたか
よーよー
おー!まずはそれを買ってみよう!
株価の安い企業は倒産リスクもあるから気をつけるのじゃよ
かとたか
よーよー
と、倒産... 父さんどうしよう...
・・・
かとたか

購入する時の金額はその時の企業の株価で決まります。

米国株などは1株から購入可能ですが、

日本の場合売買単位が100株と決まっています。

そのため1000円の株式を購入しようとすると

1000円(株価)×100株(最低株数)=100,000円(購入価格)

1000円の株式なのに購入に100,000円必要となってきます。

でもね、単元未満株を購入すると、1株から購入することも可能なんです。

単元未満株とは

最低売買単位である単元の株数に満たない株式

株価が上昇する理由

この企業の需要と供給によって株価は決まります。

その株が欲しいとみんなが思って買えば上がりますし、

そんな株は欲しくないとみんなが売れば下がります。

根幹にあるのは企業の業績ですが、業績が良くても

売られる場合があるので株式投資は本当に難しいです。

基本的には業績が伸びていれば、配当金が増えたりなどの株主のメリットはあります。

逆に業績が悪化している企業は、配当金が下がったり、今後の業績不安などで

売られる場合があります。

先程もお話ししましたが

一番根幹にあるのは企業の業績ですので、

これから投資を始める場合は是非チェックしてください。

さいごに

今回、学んできたことを一度見ただけではどうしても、身に付きません。

株式投資を始めた方は覚えることが沢山多くて大変だと思いますが

より良い未来のために頑張っていきましょう。

 

-投資の勉強

© 2021 katotakafinance