マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年1月22日

【マーケットデータ】

日経平均 28631.45(-125.41)
TOPIX 1856.64(-4.00)
マザーズ 1292.11(8.26)
NYダウ 31176.01(-12.37)
NASDAQ 13530.91(73.66)
米ドル円 103

【ストップ高】

◆イメージワン<2667> 692円(+41) 時価総額57.5憶円
電子カルテをサブスクで提供と報じられる
◆メディカル一光<3353> 6850円(-990) 時価総額139憶円
前日もストップ高
◆ニックス<4243> 967円(+97) 時価総額22.5憶円
◆東京製綱<5981> 1372(+300) 時価総額223憶円
◆オーケーエム<6229> 2230円(+353) 時価総額101憶円
バルブ
◆ピースリー<6696> 1057円(+150) 時価総額39.0億円
レンティアと業務提携
◆サン電子<6736> 3500円(+504) 時価総額799憶円
カジノ関連
◆AKIBA<6840> 5190円(+700) 時価総額47.7憶円
半導体関連
◆アクセスHD<7042> 1045円(+150) 時価総額12.8憶円
◆アルー<7043> 852円(+150) 時価総額21.8憶円
◆桜井製作所<7255> 484円(+6) 時価総額19.4憶円

【ストップ安】

◆なし

【新興株開示】

◆ゲンダイエージェンシー<2411> 288円(-5) 時価総額43.3憶円
4-12月期(3Q累計)経常が赤字転落
10-12月期は38%減益
◆アクシーズ<1381> 3415(-170) 時価総額192憶円
上期経常が33%増益
10-12月期も21%増益
◆ENECHANGE<4169> 4695円(-325) 時価総額274憶円
前期経常を一転黒字に上方修正
◆ベクター<2656> 218(+6) 時価総額30.5憶円
非開示だった今期最終は赤字転落
未定だった配当は無配継続

【新興株】

◆カンセキ<9903> 3010円(+69) 時価総額242憶円
大幅に3日続伸。
21年2月期の営業利益を従来予想の24.20億円から30.00億円に上方修正している。
新型コロナウイルス感染者が再び増加に転じて巣ごもり需要が継続して発生していることに加え、
寒波到来で灯油や暖房用品の動きが活発化しているため。
併せて期末配当を従来予想の10.00円から12.00円に増額修正した。
年間では22.00円となる。
◆アルー<7043> 852円(+150) 時価総額21.8憶円
ストップ高。
20年12月期の営業損益を従来予想の3.15億円の赤字から2.18億円の赤字に上方修正している。
オンラインでの研修実施やeラーニングの受注が予測を上回ったほか、
研修のオンライン化が進んだことから売上原価が低減した。
旅費交通費の削減に加え、
テレワークの推進で従業員の交通費などが削減されたことも利益率の向上に寄与する見通し。
◆Welby<4438> 1144円(-63) 時価総額89.6憶円
大幅に反落。
20年12月期の営業損益を従来予想の1.12億円の黒字から2.37億円の赤字に下方修正している。
新型コロナウイルスの感染拡大による顧客の意思決定の遅延などで一部案件の受注が遅れたほか、
セキュリティ基準対応で開発リードタイムが長期化したことなどが響き、
疾患ソリューションサービスが落ち込んだ。
同サービスで想定以上に原価率が上昇したことも赤字転落につながった。

【人気テーマ】

  1. 半導体
  2. 再生可能エネルギー
  3. 水素
  4. 半導体製造装置
  5. レアアース
  6. 全固体電池
  7. 電気自動車関連
  8. パワー半導体
  9. 洋上風力発電
  10. デジタルトランスフォーメーション
出典:株探
※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。



-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance