マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年1月27日

【マーケットデータ】

日経平均 28632.20(+86.02)
TOPIX 1860.28(+12.28)
マザーズ 1276.14(+5.64)
NYダウ 30937.04(-22.96)
NASDAQ 13626.06(-9.92)
米ドル円 103

【ストップ高】

◆歯愛メディカル<3540> 6530円(+770) 時価総額653憶円
通期業績予想上方修正

◆日本アジアグループ<3751> 1090円(+150) 時価総額303憶円
MBO価格を1200円に引き上げ

◆エコミック<3802> 1011円(+22) 時価総額19.0憶円
低時価訴額株

◆大村紙業<3953> 607円(+31) 時価総額29.7憶円
段ボール関連
脱プラの流れにて

◆国際チャート<3956> 295円(+17) 時価総額17.7憶円
ワクチン試験官用ラベルの思惑

◆HMT<6090> 1149円(+150) 時価総額67.7憶円
1/27発表 同社および味の素との共同研究により、
ヒトiPS細胞を簡便かつ効率よく増殖させる培養液を開発することに成功した

◆メタップス<6172> 851円(+108) 時価総額115憶円
『給与のデジタル払い解禁』報道で思惑買い

◆太陽工業<6663> 433円(+22) 時価総額25.6憶円
加工性や耐熱性に優れた高速伝送用FPCを開発

◆AKIBA<6840> 7930円(+740) 時価総額72.9憶円
4連ストップ高
ポリマテリアル充填工法が5G基地局に採用

◆ジオマテック<6907> 655円(+100) 時価総額60.0憶円
次世代半導体チップ実装用特殊ガラス『HRDP』提供

◆プラザクリエイト本社<7502> 414円(-2) 時価総額57.3憶円
Zoomと共同企画のパーソナルミーティングボックスを販売開始

◆平和紙業<9929> 421円(+20) 時価総額42.6憶円
段ボール関連
脱プラのながれにて

【ストップ安】

◆なし

【新興株開示】

◆エムケー精工<5906> 500円(+4) 時価総額78.0憶円
4-12月期(3Q累計)経常は31%増益・通期計画を超過

◆アズーム<3496> 9190円(-160) 時価総額135憶円
10-12月期(1Q)経常は黒字浮上で着地

◆かっこ<4166> 4755円(-140) 時価総額125憶円
前期経常を一転26%増益に上方修正・最高益更新へ

◆沖縄セルラー電話<9436> 4690(-45) 時価総額1282憶円
今期経常を4%上方修正・最高益予想を上乗せ

◆クエスト<2332> 1273円(+2) 時価総額69.9憶円
今期経常を17%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も3円増額

◆ディーエムエス<9782> 1407円(+11) 時価総額102憶円
4-12月期(3Q累計)経常が27%減益で着地
10-12月期も11%減益

◆SEホールディングス・アンド・インキュベーション<9478> 243円(+6) 時価総額57.1憶円
今期経常を18%上方修正
配当も0.6円増額

【新興株】

◆両毛システムズ<9691> 1912円(-124) 時価総額67.1憶円
大幅に4日ぶり反落。
21年3月期第3四半期累計(20年4-12月)の
営業利益を前年同期比30.1%減の6.63億円と発表している。
公共事業セグメントが増益となる一方、
社会・産業事業セグメントが減益となったことが響いた。
通期予想は前期比41.1%減の7.50億円で据え置いた。
進捗率は88.4%と順調だが、前日に直近高値(2109円)まで
値上がりしていることもあり、材料出尽くし感から売られているようだ。

◆メタップス<6172> メタップス(+108) 時価総額115憶円
大幅に3日ぶり反発。
一部メディアが「政府は今春に給与のデジタル払いを解禁する」と報じ、
買い材料視されている。報道によると、
「企業は銀行口座を介さずに従業員のスマートフォンの決済アプリなどに振り込めるようになる」という。
メタップスは決済サービスのほか、
法人から個人への送金サービスなどを手掛けるグループ企業を有しており、
給与のデジタル払い解禁で収益機会が生じるとの思惑から買いが集まっているようだ。

◆プラザクリエイト本社<7502> 414(-2) 時価総額57.3憶円
朝高後、後場にマイナス転換。
Zoom日本法人のZVC Japanと共同で企画した
パーソナル・ミーティング・ボックス「One-Bo(ワンボ)」に
販売を開始すると発表している。
One-Boはオンラインでの会議やコミュニケーションに特化した個室空間で、
Zoom利用に最適な空間をデザインしたモデルとなっており、
周囲の環境に関わらずオンライン会議に集中できるという。
また、Zoomとの共同企画モデルも同時に開発、販売を開始する。

◆歯愛メディカル<3540> 6530(+770) 時価総額653憶円
一時ストップ高。
20年12月期業績予想の上方修正を発表、
営業利益を従来予想の33.00億円から46.69億円(前期実績21.00億円)へと
41.5%引き上げている。
新型コロナウイルス感染対策商品の需要拡大で
主力顧客の歯科医院を中心に売上高が好調に推移した。
また、病院・一般診療所など新規口座を開設した顧客から引き続き注文が入ったことに加え
、ロジスティクスセンターの稼働が高水準を維持していることも利益の押し上げに寄与したようだ。

【人気テーマ】

1. 半導体
2. 再生可能エネルギー
3. 電気自動車関連
4. 水素
5. 半導体製造装置
6. パワー半導体
7. 半導体商社
8. 2020年のIPO
9. 5G
10. 全固体電池

出典:株探
※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。



-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance