マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年6月1日  小幅安も荒い値動き、6月下落スタートで楽観ムードは後退

【マーケットデータ】

日経平均   28814.34(-45.74)
TOPIX           1926.18(+3.20)
マザーズ         1141.74(-8.32)
NYダウ          34529.45(+64.81)
NASDAQ      13748.73(+12.46)
S&P500        4204.11(+3.23)
米ドル円       109

 

【マーケット話題】

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1361/値下がり733と、値上がりの方が多かった。

 

トヨタの大幅高に刺激されたか、スズキや三菱自など自動車株の多くが上昇。

 

日経新聞の電子部品に関する記事を手掛かりに、村田製作所が買いを集めた。

 

SUMCOやSCREENなど半導体の一角も強い上昇。

 

TSMCと連携する国内企業として名前が挙がったイビデンが大幅高となった。

 

中国共産党が第3子を容認したとの報道を材料にピジョンが5%高。

 

良好な1Q決算が確認できたトリケミカルや上方修正を発表したはてなが急伸した。

 

一方、ソフトバンクGや任天堂が軟調。

 

リクルートや花王、NTTなど、大型内需に弱いものが多く散見された。

 

5月度の既存店売上高が前年割れしたツルハHDが大幅安。

 

ランシステムやオリバーが業績関連のリリースを材料に大きく値を崩した。

 

東証が上場廃止を決定したワタベウェディングが7%超の下落。

 

第一商品やプレミアアンチエイジングなど、5月に強く買われた銘柄が一転急落した。

 

日経平均は45円安。終わってみれば小幅な下落だが、場中の値動きは荒かった。

 

値幅が出ずに小幅安となったのであれば、米国が休場だったから仕方ないと解釈できる。

 

しかし、29000円台に乗せて一時200円超上昇したにもかかわらず、大きく失速した格好。

 

上を試して冷やされたことは、強気派の勢いを削ぐ。

 

日経平均は5月28日まで陽線が9本並んだが、これが途絶えたきのうときょうは実体が長めの陰線が並んだ。

 

2月中旬にピークをつけた後の値動きをみると、

 

戻り局面では前の高値を抜けずに再度売られており、上値が切り下がっている。

 

今回も5月10日の高値29685円はまだ上回っていない。

 

休場明けの米国株がスカッと上昇してくれればまた雰囲気も変わってくるだろうが、

 

下げるようであれば、週末の米雇用統計を前にリスク回避姿勢が強まる可能性がある。

 

【値上がり上位(全市場)】

  1. フュートレック<2468> 438円(+80)
  2. グローバルダイニング<7625> 505円(+80)
  3. アクセスグループ・ホールディングス<7042> 982円(+150)
  4. ニチリョク<7578> 271円(+40)
  5. オンキヨーホームエンターテイメント<6628> 7円(+1)
  6. セコム上信越<4342> 5220円(+700)
  7. アジア開発キャピタル<9318> 8円(+1
  8. NCホールディングス<6236> 1073円(+124)
  9. インフォコム<4348> 2848円(+307)
  10. ペッパーフードサービス<3053> 388円(+40)

 

【ストップ高】

◆フュートレック<2468> 438円(+80) 時価総額41.6億円
音声認識技術がユニロボットの新サービスに採用

 

◆セコム上信越<4342> 5220円(+700) 時価総額684億円
2連ストップ高

 

◆ERIホールディングス<6083> 625円(+38) 時価総額49.0億円
子会社が土壌汚染状況調査などの業務を開始

 

◆アクセスグループ・ホールディングス<7042> 982円(+150) 時価総額12.0億円
感染対策対応型の会場運営パッケージサービスを提供開始

 

◆ジオコード<7357> 1380円(+70) 時価総額35.5億円

 

◆ニチリョク<7578> 271円(+40) 時価総額34.8億円
2連ストップ高

 

◆グローバルダイニング<7625> 505円(+80) 時価総額52.3億円

 

【ストップ安】

なし

 

【気になる決算】

◆内田洋行<8057> 4855円(+115) 時価総額506億円
今期経常を17%上方修正・最高益予想を上乗せ

 

◆伊藤園<2593> 6070円(+10) 時価総額5415億円
前期経常が上振れ着地・今期は16%増益

 

【新興株決算】

◆ウチダエスコ<4699> 3390円(+115) 時価総額122億円
今期経常を一転57%増益に上方修正・最高益更新へ

 

【売買代金】

東証一部   2兆442億円

 

東証二部   248億円

 

東証マザーズ  1150億円

 

JASDAQ       849億円

 

【人気テーマ】

  1. デジタルトランスフォーメーション
  2. 半導体
  3. 旅行
  4. 水素
  5. サイバーセキュリティ
  6. 半導体製造装置
  7. 脱炭素
  8. 2021年のIPO
  9. ウェアラブル端末
  10. 再生可能エネルギー
  11. 水素ステーション
  12. 2020年のIPO
  13. JPX日経400
  14. ドローン
  15. ポストコロナ
  16. TOPIXコア30
  17. 電気自動車関連
  18. 外食
  19. 全固体電池
  20. 情報セキュリティ
  21. 人工知能
  22. パワー半導体
  23. NFT
  24. 洋上風力発電
  25. 半導体部材・部品
  26. 電気自動車充電器
  27. eコマース
  28. 新型コロナワクチン
  29. バイオ航空燃料
  30. 化学

 

【PTSランキング】

朝方更新

 

※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。

-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance