マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年6月22日 海運株が先導役となり大幅高、バリュー株の買い安心感が強まるか

前日のマーケットまとめ↓

【マーケットまとめ】2021年6月21日 米国株への警戒強まり953円安、IPOに盛り上がりは見られるか

【マーケットデータ】

日経平均   28884.13(+873.20)
TOPIX           1959.53(+60.08)
マザーズ         1170.13(+14.36)
NYダウ          33876.97(+586.89)
NASDAQ      14141.48(+111.10)
S&P500        4224.479(+58.34)
米ドル円       110

 

【マーケット話題】

東証1部の騰落銘柄数は値上がり2107/値下がり69。

 

きのうは値下がり銘柄が2000を超えたが、きょうは真逆の展開となった。

 

商船三井が上方修正を発表しており、海運大手3社がそろって10%超の上昇。

 

商船三井と川崎汽船が年初来高値を更新した。

 

米国の長期金利上昇を受けて、三菱UFJや三井住友など金融株が大幅高。

 

トヨタ、ファストリ、エーザイなど主力ど真ん中の銘柄にしっかり買いが入っており、

 

ソニーG、日立、富士通など電機株に強い動きが見られた。

 

個別に材料のあったところでは、上方修正を発表した象印マホービンやアークランドサカモトが急伸した。

 

大半の銘柄が上昇する中、BASEやメルカリなどマザーズ銘柄の一角が逆行安。

 

KeyHolderやNexToneなどエンタメ系の銘柄が売りに押された。

 

IPOは厳しい展開。ペイロールとデコルテ・ホールディングスが

 

公開価格割れからのスタートとなり、終値も初値を下回った。

 

ペルセウスプロテオミクスは公開価格を上回って始まったものの、

 

初値をつけた後の動きは弱く、公開価格を下回り安値引けとなった。

 

株式のIPOがさえない中、

 

REIT市場に上場した東海道リートは公開価格を上回って始まった後も上値を伸ばした。

 

日経平均はきのう21日が953円安できょうは873円高。

 

戻り売り圧力は限定的であっさり大幅高となったところをみると、

 

きのうの下げも相場のトレンドを変えるようなものではないと捉えておいた方が良い。

 

29000円近辺のもみ合いの範ちゅうで、FOMCが一時的に振れ幅を大きくさせたといったところか。

 

米国では本日、パウエル議長が下院で議会証言を行う予定で、

 

発言がマーケットを刺激するかどうかが注目される。

 

米国株は先んじて乱高下したことで、当該イベントは案外波乱なく通過する可能性もある。

 

きょうの物色動向を見ると、海運株が業績を材料に急伸した一方、

 

半導体株などは戻りが鈍かった。

 

日経平均は前日の下げ分を埋められなかったが、

 

TOPIXは埋めている。マザーズ指数はプラスではあったが伸び悩んだ。

 

これらの点を踏まえると、目先はバリュー株の買い安心感が強まるだろう。

 

【値上がり上位(全市場)】

  1. 光陽社<7946> 1340円(+300)
  2. Engin<7370> 2695円(+500)
  3. 大黒屋ホールディングス<6993> 85円(+14)
  4. 明治海運<9115> 517円(+80)
  5. オンキヨーホームエンターテイメント<6628> 7円(+1)
  6. 中央製作所<6846> 1350円(+191)
  7. クリングルファーマ<4884> 1149円(+150)
  8. ウェルネット<2428> 564円(+69)
  9. メディネット<2370> 115円(+13)
  10. ジェイリース<7187> 1358円(+138)

 

【ストップ高】

◆ウェルネット<2428> 564円(+69) 時価総額109億円

 

◆クリングルファーマ<4884> 1149円(+150) 時価総額49.6億円

 

◆タムラ製作所<6768> 1032円(+77) 時価総額854億円

 

◆Enjin<7370> 2695円(+500) 時価総額189億円

 

◆光陽社<7946> 1340円(+300) 時価総額18.8億円

 

◆明治海運<9115> 517円(+80) 時価総額186億円

 

【ストップ安】

 

【東証1・2部決算】

◆ツルハホールディングス<3391> 14060円(+260) 時価総額6949億円
今期経常は8%増で29期連続最高益更新へ

 

◆三協立山<5932> 804円(+16) 時価総額254億円
前期経常を93%上方修正、配当も10円増額

 

◆川崎汽船<9170> 3850円(+355) 時価総額3617億円
今期経常を一転2.2倍増益に上方修正・14期ぶり最高益更新へ

 

【新興株決算】

◆インパクトホールディングス<6067> 2916円(+95) 時価総額193億円
非開示だった今期経常は63倍増で3期ぶり最高益更新へ

 

◆UUUM<3990> 1508円(+38) 時価総額298億円
前期売上を15%下方修正

 

【新興株】

 

【人気テーマ】

  1. パワー半導体
  2. 半導体
  3. 半導体製造装置
  4. 旅行
  5. 2021年のIPO
  6. ポストコロナ
  7. 量子コンピューター
  8. 脱炭素
  9. デジタルトランスフォーメーション
  10. TOPIXコア30
  11. 人工知能
  12. 半導体部材・部品
  13. 水素
  14. 2020年のIPO
  15. JPX日経400
  16. 全固体電池
  17. サイバーセキュリティ
  18. 再生可能エネルギー
  19. 東京オリンピック
  20. 電気自動車関連
  21. 外食
  22. グローバルニッチ
  23. 海運
  24. 人材派遣
  25. リチウムイオン電池
  26. 地方銀行
  27. 新型コロナワクチン
  28. 素材
  29. 産業廃棄物処理
  30. バイオテクノロジー関連

 

※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。

-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance