マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年6月29日 大幅安スタートから終日軟調、月末安の呪縛から逃れられるか

前日のマーケットまとめ↓

 

【マーケットデータ】

日経平均   28812.61(-235.41)
TOPIX           1949.48(-16.19)
マザーズ         1205.54(-1.50)
NYダウ         34283.27(-150.57)
NASDAQ     14500.50(+140.12)
S&P500       4290.61(+9.91)
米ドル円       110

 

【マーケット話題】

東証1部の騰落銘柄数は値上がり420/値下がり1689。

 

ソニーGが逆行高。スパコン「富岳」の高評価継続を手掛かりに富士通が年初来高値を更新した。

 

キーエンスやダイキンなど値がさの一角が上昇。

 

1Qが好決算となったしまむらが買いを集めた。

 

リリースを材料にFRONTEOが急伸し、3Dマトリックスがストップ高。

 

値幅を求めた資金が直近IPOに向かっており、コンフィデンスや日本電解、ベイシスが急騰した。

 

一方、米国で景気敏感株が売られたことから、日本製鉄やJFEHDなど鉄鋼株が大幅安。

 

INPEXは原油安に加えて配当落ちの影響もあり、4%を超える下落となった。

 

権利落ちではJTや横浜ゴムなども大きな下げとなっており、築地魚市場はストップ安。

 

米長期金利低下を受けて三菱UFJや三井住友など金融株が売られたほか

 

、米国でレジャー株が弱かったことからJALやHISが大きめの下げとなった。

 

ヒマラヤは3Q決算発表と同時に通期見通しを上方修正したが、

 

前日に先回りで強烈な期待買いが入っていたため、

 

利益確定売りに押されて大幅安となった。

 

きょう3社が新規上場。

 

BlueMemeは初値は公開価格を若干上回る程度にとどまったが、その後は上値を伸ばした。

 

Waqooとオムニ・プラス・ システム・リミテッドは高い初値をつけたものの、終値は初値を下回った。

 

日経平均は大幅安。

 

S&P500とナスダックの史上最高値更新は材料視されず、

 

序盤に大きく崩れると、戻りらしい戻りもないまま終日軟調となった。

 

国内ハイテク株がナスダック高を好感できない点は寂しい限り。

 

週末の米雇用統計を前に手掛けづらさが一段と強まる中、

 

あすは下げの特異日である月内最終日を迎える。

 

最終日が弱いことに明確な理由はないため、

 

マイナスで終わりそうにないという状況になった場合には、

 

特段の材料がなくても買いに勢いがつくような展開も期待できる。

 

一方、下落するようなら、傾向継続に便乗した仕掛け売りも入りやすい。

 

そしてその場合、7月も終盤にはこの傾向を意識させられることになる。

 

きょうの大幅安も、あすの下落を見越した下げのようにも映る。

 

月末安の呪縛から解放されるのか、それとも悩まされ続けるのか、要注目の1日となる。

 

【値上がり上位(全市場)】

  1. スリー・ディー・マトリックス<7777> 402円(+80)
  2. コンフィデンス<7374> 3135円(+395)
  3. メドレックス<4586> 255円(+29)
  4. 日本電解<5759> 2657円(+290)
  5. アクリート<4395> 1732円(+181)
  6. イーエムネットジャパン<7036> 3890円(+390)
  7. アジア開発キャピタル<9318> 10円(+1)
  8. ベイシス<4068> 5580円(+550)
  9. ブローバルダイニング<7625> 5580円(+550)
  10. 昭文社ホールディングス<9475> 514円(+43)

 

【ストップ高】

◆コンフィデンス<7374> 3135円(+395) 時価総額143億円
2021年IPO(6/28新規上場)

 

◆グローバルダイニング<7625> 638円(+56) 時価総額66.0億円
増担保金徴収措置の解除から上値追いが続く

 

◆スリー・ディー・マトリックス<7777> 402円(+80) 時価総額181億円
米国で消化器内視鏡領域の止血剤承認取得

 

◆昭文社ホールディングス<9475> 514円(+43) 時価総額93.4億円
蓄電システム事業への参入報道を期待材料視

 

◆白洋舎<9731> 2340円(-21) 時価総額91.3億円

 

【ストップ安】

◆五洋インテックス<7519> 30円(-30) 時価総額3.2億円

 

◆築地魚市場<8039> 2426円(-500) 時価総額54.5億円
株主優待権利落ちで

 

【東証1・2部決算】

◆ウシオ電機<6925> 1790円(-18) 時価総額2273億円
今期経常を75%上方修正

 

【新興株決算】

◆ケイティケイ<3035> 523円(-12) 時価総額29.9億円
9-5月期(3Q累計)経常は39%増益・通期計画を超過

 

 

【人気テーマ】

  1. パワー半導体
  2. 2021年のIPO
  3. 半導体
  4. 化粧品
  5. 半導体製造装置
  6. 旅行
  7. 全固体電池
  8. 脱炭素
  9. ポストコロナ
  10. 量子コンピューター
  11. 産業廃棄物処理
  12. 海運
  13. 水素
  14. 解体工事
  15. デジタルトランスフォーメーション
  16. 2020年のIPO
  17. JPX日経400
  18. 再生可能エネルギー
  19. TOPIXコア30
  20. 水素ステーション
  21. 人材派遣
  22. 人工知能
  23. 半導体部材・部品
  24. 電気自動車関連
  25. サイバーセキュリティ
  26. グローバルニッチ
  27. スキンケア
  28. インバウンド
  29. リサイクル
  30. 5G

 

※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。

-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance