マーケットまとめ

【マーケットまとめ】2021年6月30日 6月も最終日は下落、雇用指標に対する米国市場の反応に注目

前日のマーケットまとめ↓

 

【マーケットデータ】

日経平均   28791.53(-21.08)
TOPIX           1943.57(-5.91)
マザーズ         1207.46(+1.92)
NYダウ         34292.29(+9.02)
NASDAQ     4291.80(+1.19)
S&P500       4291.80(+1.19)
米ドル円       110

 

【マーケット話題】

東証1部の騰落銘柄数は値上がり786/値下がり1296。

 

ハイテク株がそこそこ強く、SCREENや村田製作所、NECなどが上昇。

 

中外製薬がコロナウイルス治療薬候補に関するリリースを材料に、

 

商いを伴って大幅高となった。

 

バイオ薬への投資を強化すると報じられた富士フイルムが上昇。

 

自己株取得を発表したエディオンが買いを集めた。

 

通期見通しを引き上げたウシオ電機が13%高と急騰し、年初来高値を更新した。

 

一方、エーザイが5%安と大幅下落。

 

ソニーGや日立が大きめの下げとなった。

 

鉄道車両向け空調機器の製造過程において、

 

長期にわたって不正検査が行われていたと報じられた三菱電機が下落。

 

1Q営業減益のスギHDが急落しており、マツモトキヨシ、ウエルシア、

 

サンドラッグなどドラッグストア全般に売りが波及した。

 

コロナ禍で特需があったところに対する警戒が強まり、

 

ワークマンや西松屋チェーンなども売りに押された。

 

ほか、下方修正を発表したJフロントや、今期減益計画の銚子丸が大幅安となった。

 

本日マザーズに新規上場したプラスアルファ・コンサルティングは

 

、初値は公開価格比18%増となり、その後も上値を伸ばした。

 

日経平均は21円安。

 

小幅な下落ではあるが、高く始まった後の失速で、6月も最終日が弱いという結果になった。

 

あまり神経質に捉える必要はないのだろうが、きのうが結構な下げとなったこと、

 

きょうの序盤が異様に強かったこと、にもかかわらず失速すると狙ったように最後に下げに転じたことなど、

 

月の最終日は下落するという傾向を踏まえたトレードがそれなりに行われていることが伺える。

 

また、こういう状況が続いてしまうと、個別でその月に強かった銘柄は、月末に利益確定売りが出やすくなる。

 

きょうの下げが目立ったエーザイやレーザーテックは6月に高値をつけた銘柄。

 

序盤の上昇で29000円を超えていれば大幅高もありそうであっただけに、残念な1日となった。

 

米国では本日、6月ADP全米雇用リポートが発表される。

 

週末の6月雇用統計を占う意味でも、

 

結果に対して米国マーケットがどのような反応を見せるかが注目される。

 

あすから下半期に突入するが、日経平均は月の最終日が弱い傾向は続いたものの大幅安ではないだけに、

 

月初の反動高は期待薄。

 

29000円より上の買いづらさも強烈に意識されており、

 

米雇用統計を前に上値が重いというこれまでの傾向に大きな変化はないだろう。

 
 

【値上がり上位(全市場)】

  1. ラオックス<8202> 231円(+50)
  2. アトラグループ<6029> 374円(+54)
  3. リンクアンドモチベーション<2170> 782円(+95)
  4. ウシオ電機<6925> 2030円(+240)
  5. アトラエ<6194> 2161円(+201)
  6. アイビー化粧品<4918> 825円(+76)
  7. ランド<8918> 11円(+1)
  8. アジア開発キャピタル<9318> 11円(+1)
  9. デイトナ<7228> 3495円(+305)
  10. キャリアインデックス<6538> 1040円(+89)

 
 

【ストップ高】

◆リンクアンドモチベーション<2170> 782円(+95) 時価総額884億円

 

◆ラオックス<8202> 231円(+50) 時価総額216億円

 

【ストップ安】

なし

 
 

【東証1・2部決算】

◆ニトリホールディングス<9843> 19660円(+25) 時価総額2兆2500億円
3-5月期(1Q)経常は16%増益で着地

 

◆昭文社ホールディングス<9475> 490円(リンク-24) 時価総額89.1億円
上期系所を赤字縮小に上方修正、通期も増額

 

◆バイク王&カンパニー<3377> 801円(+11) 時価総額123億円
今期経常を42%上方修正

 
 

【新興株決算】

◆フィードフォース<7068> 1017円(-81) 時価総額264億円
今期経常は24%増で4期連続最高益更新へ

 

◆識学<7049> 1752円(-65) 時価総額133億円
3-5月期(1Q)経常は黒字で浮上

 

◆テクノアルファ<3089> 1390円(-39) 時価総額32.2億円
上期経常が黒字浮上で着地・3-5月期は5倍増益

 
 

【人気テーマ】

  1. パワー半導体
  2. 2021年のIPO
  3. 半導体
  4. 化粧品
  5. 脱炭素
  6. 半導体製造装置
  7. 全固体電池
  8. 旅行
  9. ポストコロナ
  10. 量子コンピューター
  11. 産業廃棄物処理
  12. 再生可能エネルギー
  13. 水素
  14. JPX日経400
  15. 解体工事
  16. 2020年のIPO
  17. 海運
  18. デジタルトランスフォーメーション
  19. TOPIXコア30
  20. 人材派遣
  21. サイバーセキュリティ
  22. 電気自動車関連
  23. 水素ステーション
  24. 人工知能
  25. グローバルニッチ
  26. 半導体部材・部品
  27. スキンケア
  28. 5G
  29. インターネット関連
  30. インバウンド

 
 
 

※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。

-マーケットまとめ

© 2021 katotakafinance